健康的な生活をするということ

e6dfa019c021d1bfb6d1b278ae6c0fe7

普段から健康に気を使って生活をすることは重要です。これは誰もが頭では理解していることです。多くの人は普段から健康的な生活をしなければと思いつつ、生活に追われていて実行できずにいます。

まず、健康であるという状態は、普段から適度な運動をしていて、食事もバランスの取れたものを適度な量摂取しているという状態です。

ということは多くの人は健康であれば、まず肥満という状態ではないことは確かです。だとすれば、健康な人はダイエットをする必要がありません。

そして次に、もし毎日バランスの取れた食事を適量摂取しているのであれば、肌の状態も良好なはずです。肌荒れとは不健康な生活をすることからくるものです。

肌が荒れていると、肌にいい化粧水や乳液などを使おうとしがちですが、大抵、食生活を変えなければ肌の状態は良くなりません。

では、具体的に健康になるにはどうしたらいいのか、ということです。前述したように、適度な運動とバランスの取れた食事は必須です。

その上、必要とされているのは良質な睡眠を十分にとるということです。通常、疲労がたまっていたり、すると色々な病気の原因となります。体が疲れているとどうしても体の機能が上手く働かず体に悪影響を与えます。

例えば、春先に多くの人が悩まされる花粉症ですが、花粉症の対策のためにはまず十分な睡眠をとることで花粉症の原因となっている体内成分分泌を抑えることができます。とにかく、疲労などには十分な睡眠をとることが一番なのです。

だとすれば、健康的な生活を送ることによって肥満や肌荒れなどの状況から脱出することができます。肥満や肌荒れは健康ではない状態に対して体が警告を与えてくれているのです。

いくらダイエットのためのサプリを利用しても一番のダイエット方法ではありません。どんなに高級な化粧水や乳液をつかって毎日肌の手入れをしても肌荒れが改善されるわけではありません。

原因は別の部分にあるからです。とにかく、自分の体を常に良好な状態にするためにも健康的な生活を心がけるようにしたいものです。

脱毛をするならミュゼ

34634wt3w

「美容」がテーマということで、まずは女性が気になるムダ毛の話しからです。

もっとも気になるのがワキ、でウデ、足の部分に生えている毛ではないでしょうか。

ワキの場合は、半そで姿でも腕を上げない限りは目立たないから良いです。

10、20代の頃ですと、おしゃれを意識するようになるので、ウデや足の部分に毛が生えていると、好きな洋服が着にくくなります。

わたしも経験していますけど、当時はエステ脱毛のブーム性がなく、自己処理をしていました。

たとえば、カミソリ、毛抜き、ワックス、除毛クリームなどです。これらを使った自己処理というのは、便利で節約のためになるのは良いですけど、部位によって扱いにくいです。

ワキの場合はアーチ状のようになっているので、たまに皮膚をキズ付けてしまうことがありますし、カミソリですと、剃るたびに毛が太くなるのでウデや足の部分に使いにくいです。

しかも簡易な自己処理を何度も繰り返すと、肌荒れやかぶれ、黒ずみや埋もれ毛などのトラブルに見舞われやすくなります。

そこで検討してみたのが「エステ脱毛」ということです。

わたしがワキの脱毛で利用しているのが「ミュゼプラチナム」です。

ミュゼの場合は、初回限定のキャンペーンを活用することで、たった100円ポッキリで契約をすることができます。

しかも初回のときに支払った料金だけで、別途で追加などが掛かることもありません。

茨城県水戸市の店舗なら、駅と直通するエクセル内にありますので、雨の日でも洋服が濡れずに通えます。

お店にエレベーターやエスカレーターがありますので、荷物が多いときも楽ちんです。

現在ミュゼでは、好きな個所をセレクトしてワキやビキニラインの脱毛を体験することができるキャンペーンを実施しています。

こちらなら、すべてセットで1,000円ですので、エステの初心者でも気軽にチャレンジすることができます。

ご興味をお持ちの方は、ミュゼサロンのページから申し込みください。

プーアール茶で健康と美を

28902

現在プーアール茶を一日に2リットル飲んでいます。

朝起きてすぐ沸かしてそれをポットに保存して飲むのです。

女性は体が冷えやすいので、ポットに入れておくことで沸かしたプーアール茶が冷えることもありませんし、一日に水分を2リットルはとれ、という目標もこれで達成できるのです。

ではプーアール茶の効果とはどんなものでしょうか。

私は最初ダイエットをしており、それにはプーアール茶を飲むとデトックスにもなり、お茶なのでカロリーもないから続けることができる、と見ました。

水だけを一日に2リットルはさすがにきついからお茶なら飲めるし安いし購入してみよう、と60パックを300円くらいで購入しました。

まず嬉しかったのは便秘が解消されたことです。

200ミリリットルを飲んだ段階でお腹がグルグル言い出します。

そして400ミリリットルくらい飲むと一時間以内に便が出るのです。

女性としては便秘に悩まされている人も多いと思いますのでありがたい効果です。

ポットに入れているおかげで冷えませんから、冷え性も緩和され、お腹が減っているときにちょっと飲むと体が温かくなり胃も満たされ満足感がでます。

そしてトイレは近くなるのですが、その分トイレまで動くことになりますし、体力も使うようになりました。

脂物も今まではダイエット中だしと抑えていたのですが、食後にプーアール茶を飲むと脂肪をデトックスしてくれる効果があるらしく、自分の好きな揚げ物なども週に一回くらいではありますが食べるようになりました。

また今までニキビなどもよく出来ていた顔なんですが、ニキビが一切でなくなり暖かいものを飲んでいるおかげもあるのか低血圧もだいぶ改善されてきました。

お茶ですので、好みがあるかもしれません。

しかし緑茶やウーロン茶などと違い、ニオイに特徴もなく、味もあっさりしていますので個人的には緑茶やウーロン茶などよりも飲みやすく、自分の気が向いたときに軽く飲むことができ、無理なく自分の美と健康を守ることができるようになりました。

膀胱炎から学んだこと

Agqla85lPJyj6S2_24869

高校生の頃だったと思います。私は若干潔癖症気味になりました。

通学中に同じ電車に乗っている人がくしゃみをして鼻水がついてしまった手を前の人のリュックで拭いているのを見て、思春期真っ只中にいた私はうわっと思い、一時期、手すりなどに素手で触れられなくなりました。

あれはレアケース。頭では分かっていても、あふれ出した潔癖症の傾向は留まるところを知りません。

公共の場所の手すりはもちろん、外のトイレを使うのを避けるようになりました。

その後、除菌グッズの浸透と共に、その傾向は徐々に解決していきました。しかし、なぜかトイレはなかなか大丈夫になりませんでした。

外でトイレをしないために、我慢をすることが日常化するだけでなく、水分の摂取を抑えたりして、朝、外に出たら、夜、家に帰るまでおトイレはしないということもたびたびありました。

その結果、私が患った病気は、膀胱炎でした。なるべくすればよかったなと今は思っています。

mig

膀胱炎はとてもつらい病気です。残尿感があるので、ずっとおトイレにこもっていたいのに、痛いのです。

つらいのなら病院に行きましょうという感じですが、トイレから離れられないということと、病気が病気だけあって行きたくないのです。

もちろん最終的に行きましたが、その時、お医者様から3つのことを言われました。

1つ目はお薬は飲み切ること、2つ目は1日2リットル、水を飲むこと、3つ目はおトイレの有無にかかわらず2時間に1回、おトイレに行くことでした。

膀胱炎が完治するまで、2週間以上かかったと思います。治った今も、私は水とおトイレの件は、それに近い感じで続けています。

最初のうちは、私の行動範囲の中で使えるトイレを見つけて、そのトイレのみを使っていましたが、今は膀胱炎になるのとどっちがいいと心に問えば、たいていのところでできるようになりました。

病気らしい病気をしたことのない私でしたが、膀胱炎になって、健康であることがどんなに幸せかということを実感しました。他を排し、健康第一の生活をと思っています。